株式会社ハルス > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 3.不動産相続は何のためにするのか

3.不動産相続は何のためにするのか

≪ 前へ|2.不動産相続で対策すべき3つのコト   記事一覧   4.相続で最も避けたい「争族」とは、、、|次へ ≫

3.不動産相続は何のためにするのか

カテゴリ:相続

こんにちは。不動産コンサルタントのてるちゃんこと、照井でございます。

さて、今回のブログテーマも相続でございます!大きなテーマですので、まだしばらく続きます♪少しでも皆様の為になる様な執筆をしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続の具体的考察

不動産相続の対策をする前にまず考えておかなければならないポイントについてご説明いたします。そのためには、「相続をそもそも何のためにするのか」というキーワードを考えて頂ければ分かりやすくなるかと思います。

不動産相続における5つの視点

不動産相続をする理由として、ベースになってくるものには次の5点があります。


不動産は原則として継続していくが、その所有者経営者には寿命があること。

②不動産事業は継承後の新しい所有者が意思決定を持つため、将来にわたる戦略的思考が要求されること。

③不動産事業も利害関係者全員の未来の幸せに繋がり、社会がそれを認めていなければならないこと。

④その相続や承継によって、どんな未来ビジョンがあるかを事前にできるだけ広範囲の人々に示しておく姿勢が要求されること。

⑤税対策や収益といった目先の損得よりも優先させるべきものを考えておかなくてはならないこと。

まとめ

不動産の相続において考えなければならないことは、単なる相続や承継という一時的な現象ではありません。不動産は永遠であって、ゴーイングコンサーンと呼ばれる継続・永遠性が最大の目的になっています。それに対して、「それらをマネジメントする側である人間には寿命があるため、相続や承継といった問題が発生する。」といった当たり前のことを、まずは理解しておく必要があります。したがって、単に相続とか継承というある時点において、とりあえずバトンタッチすることだけを考える一時しのぎではより良い相続や継承にはなり得ず、常にその先にある未来を意識しておかなければならないのです。


次回は、具体的な相続対策のご説明に入る前に、上記の不動産の相続に関して発生する「争族」という大きな問題に関して少し掘り下げてご説明を差し上げて参りたいと思っています。

私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、府中、小金井、杉並を中心に売買・賃貸物件を取り揃えております。

ご相続相談、管理会社やお住まい探し等、不動産に関するお悩みがございましたら何でもお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|2.不動産相続で対策すべき3つのコト   記事一覧   4.相続で最も避けたい「争族」とは、、、|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • Twitter
  • アクセスマップ
  • 賃貸サイト
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号

      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る