株式会社ハルス > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 14.相続財産の取り扱い

14.相続財産の取り扱い

≪ 前へ|不動産売却における契約不適合責任と瑕疵担保責任の違いとは   記事一覧   フラット35を利用してマイホームを購入したい!審査基準や条件は?|次へ ≫

14.相続財産の取り扱い

カテゴリ:相続
こんにちは。不動産コンサルタントのてるちゃんこと、照井でございます。

さて、今回のブログテーマも引き続き相続となりますが、今回は相続財産の取扱について執筆して参りたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

贈与税の還付

相続時精算課税方式による贈与は3年に限らず全て相続財産に加算しなければなりませんが、相続時精算課税によって支払った贈与税が相続税を上回る場合には還付することができます。


相続税法と民法

相続税法では3年内贈与加算相続時精算課税制度がありますが、民法にも相続税法にない相続財産があります。たとえば、遺留分減殺請求があると相続開始一年前の贈与財産も相続財産に含んで計算されます。さらに、みなし相続としての寄与分特別受益分などについても考慮しておく必要があります。こうした場合の評価は、相続発生時の時価となることに注意しなければなりません。

まとめ

上記の様に、民法相続税法には幾つもの相違点がございます。相続税法は民法を前提としていますが、相続税を算出するために定められているので、様々な特例や実務上の取り扱いなど現実的な対応がされています。「死因贈与の取り扱い」や「法定相続人の数」なども政策的、あるいは手続き的な決め事がなされているので、民法との違いを明確にして理解しておくべきなのです。

さて、次回からは遺言をテーマにしてお話をしていきたいと思います。l


私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、府中、小金井、杉並を中心に売買・賃貸物件を取り揃えております。

ご相続相談、管理会社やお住まい探し等、不動産に関するお悩みがございましたら何でもお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における契約不適合責任と瑕疵担保責任の違いとは   記事一覧   フラット35を利用してマイホームを購入したい!審査基準や条件は?|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • Twitter
  • アクセスマップ
  • 賃貸サイト
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号

      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る