株式会社ハルス > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を解説!

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を解説!

≪ 前へ|不動産売却の際に準備するべき必要書類とは?   記事一覧   不動産の任意売却とは?流れやメリットをご紹介|次へ ≫

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を解説!

カテゴリ:売却

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を解説!

不動産売却時におけるインスペクションについて、まだあまり詳しくわかっていない方も多いのではないでしょうか。
不動産売却にあたっては、事前にこのインスペクションについてよく理解しておくことが大切です。
今回は、不動産売却におけるインスペクションとはなにか、そのメリットや費用について詳しくご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるインスペクションとは?

不動産売却におけるインスペクションとは、売却する物件の状態調査をおこなうことです。
インスペクションでは、既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士がおこなうことが義務化されています。
国が定めた既存住宅状況調査方法基準に基づき、建築士がインスペクションをおこなうことで、不動産の状態を明確にできるようになります。
インスペクションをおこなうタイミングとしては、売却手続きをおこなう前がおすすめです。

不動産売却におけるインスペクションのメリット

不動産売却におけるインスペクションのメリットとしては、主に3つの点が挙げられます。
1つ目は、早く買い手が見つかりやすいという点です。
インスペクションをおこなうことで、物件の状態が売却に対し合格ラインをクリアしていることの証明になり、売れやすくなります。
2つ目は、売却トラブルの防止ができる点です。
インスペクションに合格した不動産と把握していれば、売主側も安心して手続きを進められます。
そして3つ目は、瑕疵担保保険を付保要件の1つとできる点です。
瑕疵担保保険をつけたまま売却すると、高く売れやすいため大きなメリットになります。

不動産売却におけるインスペクションの費用

インスペクションをおこなう際には、それなりの調査期間と費用が発生します。
費用の目安としては、マンションの場合は約5万円、一戸建ての場合は約4.5万円〜6.5万円が相場です。
調査をして合格をもらうにはこれらの費用がかかりますが、その分売却を有利に進められます。
インスペクションをおこなってから売却するかどうかは、これらの費用や十分な期間を考慮してから検討するようにしましょう。

まとめ

今回は、不動産売却におけるインスペクションとはなにかについてご紹介しました。
インスペクションをおこなうには、事前にそのメリットや費用についてよく確認しておくことが大切です。
ご自身がお持ちの不動産をより高く・早く売却したい場合は、インスペクションの実施も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、杉並、小金井、府中を中心に売買物件や賃貸・管理物件を取り揃えております。
不動産に関する事やお住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の際に準備するべき必要書類とは?   記事一覧   不動産の任意売却とは?流れやメリットをご紹介|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • Twitter
  • アクセスマップ
  • 賃貸サイト
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る