株式会社ハルス > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 8.非課税となる不動産贈与

8.非課税となる不動産贈与

≪ 前へ|7.生前贈与の種類と考え方   記事一覧   9.民法の特別受益とは|次へ ≫

8.非課税となる不動産贈与

カテゴリ:相続

こんにちは。不動産コンサルタントのてるちゃんこと、照井でございます。

さて、今回のブログテーマも相続ですが、その中でも非課税となる不動産の贈与についてご説明したいと思っています。

弊社へのお問い合わせはこちら

贈与税の非課税財産

不動産の贈与のお話に入る前に、まずは贈与税の非課税財産が相続税法によって明確に定められていることをご理解頂ければと思います。以下の9つがございます。


法人からの贈与により取得した財産

扶養義務者から生活費や養育費として贈与を受けた財産

社交上必要と認められる香典等

相続開始の年に被相続人から贈与を受けた財産

公益事業用財産

一定の特定公益信託から交付を受ける金品

心身障害者共済制度に基づく給付金の受給権

公職選挙の候補者が贈与により取得した財産

特別障害者扶養信託契約に基づく信託受益権

特別控除のある贈与

上記は贈与税の非課税財産となっていますが、不動産を贈与するという視点になると、非課税財産よりも特別控除の適用が受けられる方法を検討すべきと言えます。

(※特別控除とは、一定の金額までの贈与は課税しないという金額のことです。)

その中でも、不動産の生前贈与に向いている方法が3つございます。


①居住用不動産の贈与(配偶者に限ります)

20年以上の婚姻期間のある配偶者に対して居住用不動産もしくは居住用不動産を取得するための金銭を贈与した場合に、2,000万円までは非課税になる制度


②住宅取得資金の贈与

直系尊属が一定の条件を満たした直系卑属に対して行う場合に一定の金額までは非課税となる制度(非課税金額は流動的ですので、国税庁のホームページ等で最新のデータをお調べ下さい。)


③相続時精算課税制度による贈与

60歳以上の直系尊属一定の条件を満たした直系卑属に対する贈与で、贈与者ごと2,500万円の控除がある制度(※受贈者ごとではないところにご注意下さい)

ただし、この制度による贈与分は、相続発生時において贈与時点での金額で相続財産に加算しなければならず、生前贈与としての意味合いは基本的にはありません。贈与した財産の価格が贈与時から増加することが見込まれる場合や、その財産から得られる収益がある場合等に相続対策の意味が生まれてきます。

まとめ

贈与税の非課税財産特別控除についてご理解が頂けましたでしょうか。他にも細かい規定が様々あり、注意すべきこととして代表的なものに相続税法には相続の発生前3年以内に行われた相続人(又は受遺者)に対する贈与は相続財産に加算するという規定があることが挙げられます。ただし、上記の①~③は特別に相続発生前3年以内の贈与でも取り込まれないという決まりになっています。(③はそもそも相続時の課税となります。)

上記の様に、相続対策のための贈与だけに限っても様々な規定が有り、とても煩雑に感じられる事かと思います。贈与は現状と将来の分析をしっかりと踏まえたうえで行うべき行為です。子供たちに少しでも楽をさせてあげたいと思って行った贈与で、逆に子供たちが苦しむことが無い様に、不動産の贈与を検討されている方は是非、相続に詳しい不動産屋へとご相談ください。


次回は相続において非常に大切な「民法の特別受益」についてお話していこうと思っています。

私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、府中、小金井、杉並を中心に売買・賃貸物件を取り揃えております。

ご相続相談、管理会社やお住まい探し等、不動産に関するお悩みがございましたら何でもお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|7.生前贈与の種類と考え方   記事一覧   9.民法の特別受益とは|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • Twitter
  • アクセスマップ
  • 賃貸サイト
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

照井 諭 最新記事



照井 諭

私は普段、売買と賃貸の両方の業務に携わっております。 皆様からすると、不動産会社には不透明なイメージが有って、安易にお問い合わせをするには不安がいっぱいなのかなと思っています(私もそうでしたので)。 気軽に相談がし易く、かつ皆様のご疑問やご不安を少しでも多く解決差し上げられる様な存在を目指して、 コロナ禍でも三人で元気に頑張っておりますので、私共ハルスをどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る