株式会社ハルス > 株式会社ハルスのブログ記事一覧 > 5.被相続人が理解しておかなければならないこと

5.被相続人が理解しておかなければならないこと

≪ 前へ|4.相続で最も避けたい「争族」とは、、、   記事一覧   6.相続による不動産売却のポイントとは?|次へ ≫

5.被相続人が理解しておかなければならないこと

カテゴリ:相続
こんにちは。不動産コンサルタントのてるちゃんこと、照井でございます。

さて、今回のブログテーマも引き続き、相続のお話でございます!

その中でも、相続が起きる前に理解しておかなければならないことについて、今回は執筆して参ります!

弊社へのお問い合わせはこちら

「見えざる債務」の理解

相続について考えるときに、相続税は「見えざる債務」である、という考え方の理解が必要になってきます。例えばですが、もしも被相続人に金融機関からの借入金などがある場合は、将来それを受け継ぐ可能性が有る相続人側は相当な意識をしているはずです。極端に言えば、相続人はプラスの財産なら相続したいけれども、借入金等のマイナスの財産に関しては相続の前に無くしておいて欲しいと考えていることが多いです。

相続税は「国からの借入金」である

ここで、上記の希望の通りにマイナスの財産を無くして一定規模以上のプラスの財産だけが相続財産となった場合、その財産の規模に応じて相続税という負担が必ず発生することになります。こういった理由から、相続税はあえて言うと「国からの借入金」とも言えてしまうのです。相続税の非課税枠を超える様な資産の相続を受ける人は、将来その借入金を相続税という名目で国に返済しなければならない、ということになります。相続人からすれば本来、マイナスの財産は相続したくなかったのに、国に返済しなければならない相続税という借入金も相続することになってしまうのです。

まとめ

以上から、「相続税など計算したこともない」という不動産所有者は、「金融機関から現在いくら借りているか私は知りません」と言っていることと同じです。もしこれが仮に金融機関からの借入金だったなら、しっかりと金利交渉などを行い、返済原資も明確にし、返済期間内で返済が可能になる様に返済方法を決定しているのではないでしょうか。

そして、この「国からの借入金」である相続税返済期間わずか10ヶ月しかありません。更に、この10ヶ月のスタートは相続開始日(現実には、相続人が自分のために相続開始があったことを知った日の翌日)となるので、考える時間が極めて少ないのが現実となっています。

もし少しでも相続についてご心配になられたのであれば、お近くの信頼できる不動産屋さんに直ぐにご相談されることをお勧め致します。相続について真剣に考えるタイミングは早すぎる位が丁度良いのです。


私たち株式会社ハルスは、武蔵野、三鷹、調布、府中、小金井、杉並を中心に売買・賃貸物件を取り揃えております。

ご相続相談、管理会社やお住まい探し等、不動産に関するお悩みがございましたら何でもお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|4.相続で最も避けたい「争族」とは、、、   記事一覧   6.相続による不動産売却のポイントとは?|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 売却
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • Twitter
  • アクセスマップ
  • 賃貸サイト
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハルス
    • 〒180-0023
    • 東京都武蔵野市境南町4丁目22-7
    • TEL/0422-30-5370
    • FAX/0422-30-5372
    • 東京都知事 (2) 第98207号
      あいおいニッセイ同和損保代理店
      旭化成不動産情報ネットワーク「ACEの会」加盟店
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

照井 諭 最新記事



照井 諭

私は普段、売買と賃貸の両方の業務に携わっております。 皆様からすると、不動産会社には不透明なイメージが有って、安易にお問い合わせをするには不安がいっぱいなのかなと思っています(私もそうでしたので)。 気軽に相談がし易く、かつ皆様のご疑問やご不安を少しでも多く解決差し上げられる様な存在を目指して、 コロナ禍でも三人で元気に頑張っておりますので、私共ハルスをどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る